エンジンオイルとタイヤの交換をするなら 

車検時の検査項目でタイヤの溝の残量が確認されます。 タイヤの溝が少なくなっていれば車検が通らないことがあります。 かと言って、車検時に交換となれば車検の費用に加えて大きな金額となってしまいます。 予めタイヤは溝が十分であるか確認しておくことが必要です。 どうしても交換しなくては車検が通らない場合や、劣化が激しい場合は交換が必要ですが、価格競争となっていることでタイヤを安く販売している業者も多いです。

 

タイヤ交換工賃もインチにより違いがあります。 タイヤ交換工賃は脱着費用にバランスの費用が請求されます。 大型車の場合やインチが大きいタイヤを脱着となるとそれのみで1万円程度かかることもあり、輸入車というだけで1本500円増しの工賃を請求する業者も多いです。 しかし、交換の手間は軽でも大型車でも変わらず、大きさだけの違いとなります。 工賃込みでお値打ちな価格のお店を探すことが安価に済む方法と言えるでしょう。

 

 

車検時にはエンジンオイルの交換もすることが多いでしょう。 しかし、オイル交換は車検項目には直接関係がありません。 業者でのオイル交換ではオイルはドラム缶などでまとめ買いしていることが多く、少々安くしても儲けが出ます。 車検時にオイルの質と価格に交換費用をよく確認して、より良いオイルをお値打ちに交換してくれるお店を探しましょう。