Author Archive

ランフラットタイヤとは?

ランフラットタイヤとは、パンクなどによりタイヤの空気圧が無くなった状態になっても一定の距離を走ることができるタイヤのことをいいます。一般的なタイヤではパンク直後に操縦安定性を失い、重大な事故につながる可能性があるうえ、仮に安全に停車できたとしても、高速道路や交通量の多いところではタイヤ交換やパンク修理に危険が伴います。パンクした状態でも走行できるこのタイヤの開発は、これらの危険を回避し、安全な場所や近くの修理工場へスムーズに移動することを可能にしました。
さらにこのタイヤが採用されている車にはスペアタイヤが不要となるため、省資源化や軽量化はもちろん、車の外観や室内空間のデザインの自由度が増すというメリットももたらします。ただしタイヤの構造がもたらすデメリットも多く、乗り心地の堅さや価格の高さから普及が進んでいないのが現状で、まだまだ開発の余地のある新しい技術でもあります。海08
なおこのタイヤはパンクしたかどうかの判断が難しいため、空気圧によってパンクを感知するタイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム(TPMS)が装備されるのが一般的です。タイヤがパンクするとこのシステムが感知し、運転者に警告灯などで知らせる仕組みとなっています。

タイヤパンク応急修理キットとは?

自動車を運転していて、良くあるトラブルにタイヤの異常などがあります。
多くは異物を踏むことで起こるタイヤパンク、また、空気圧が適正でないときなどはバーストなどといったことも起こります。他にも、タイヤの劣化により、表面に傷がつき、空気が抜けてしまうケースもあります。
これらはとりあえずの応急処置としてスペアタイヤへの交換が必要となりますが、修理できるものもあります。
バーストや、タイヤ側面の傷や、裂け目などはタイヤを交換するしかありませんが、タイヤのトレッド部分に釘などが刺さった程度のパンクであれば、修理キットを使用することで修理することができます。海07
このキットは、タイヤに開いた穴を埋めるためのゴム片と、それをタイヤに接着する接着剤、そして専用工具がセットになったものです。
修理の方法は比較的容易で、タイヤをホイールから外す必要はありません。
開いた穴を金属の棒などである程度広げ、断面を綺麗にします。専用工具には、ゴム片を挿入する穴が開いており、そこにゴム片を取り付け、接着剤を塗布します。専用工具でタイヤの穴に深く挿入し、工具を引き抜くとゴム片だけがタイヤに残る状態になります。はみ出たゴム片を切り取ってしまえば作業は完了します。
この方法は、多く普及しているチューブレスのタイヤのみ有効で、チューブが必要なタイヤには使用できないため注意が必要です。

応急スペアタイヤとは?

自動車の急なトラブルとして、タイヤのパンクが挙げられます。
パンクによってタイヤの空気が抜けてしまうと、ハンドルがとられて制御が困難になり危険です。また、そのまま無理に乗り続けると、タイヤだけでなく、ホイールにもダメージが広がります。
こうした場合は速やかに応急スペアタイヤに交換する必要があります。
こうしたスペアタイヤは各車両に1本づつ標準で搭載されており、こうした緊急用として使用することができます。
しかし、あくまで緊急用としての性能しかないため、長期間使用したり、高速道路などを走行することはできません。海06
多くの乗用車などは、トランクや荷室の床下に収納されています。こういったことから、荷室やトランクに大型の荷物などを積んだままにしておくと、緊急時にタイヤを取り出す際、妨げになってしまいます。
また、トラックやSUV車などでは車外にスペアタイヤを取り付けてあることも多く、それぞれ取り外し方が異なります。
特にトラックなどは、スペアタイヤを取り外す際に専用の工具が必要となる場合があるので、注意が必要です。
また、スペアタイヤを使用する時に、肝心の空気が抜けているといったケースも少なくありません。
通常使用するタイヤと同様に、定期的に空気圧を確認しておく必要があります。

アルミホイールの選び方(サイズの見方)

最も手軽で、しかも抜群のドレスアップ効果があるのがアルミホイールに履き替えることでしょう。メーカーによってはホイールのデザインに凝っているものもありますが、多くの場合は万人受けするような地味なデザインのものが多いので、足回りを変えると、見た目の印象も大きく変わります。ところで、ホイールをアルミに換えるときに気をつけたいのがサイズです。サイズはタイヤとの兼ね合いもあり、どれでも良いわけではありません。間違いがないのは、今履いているのと同じサイズのものに変えることです。そうすれば、今履いているタイヤをそのまま使うことができます。
海05

しかし、せっかくアルミに履き替えるのなら、インチアップしてかっこよく見せたいとか、スポーティなタイヤに合わせたいという人も多いことでしょう。サイズを変更する場合はタイヤの偏平率に注意しなければなりません。ホイールとタイヤをあわせた高さをほぼ一定にしておかないと、スピードメーターなどに狂いが生じたり、ホイールハウスに干渉したりすることがあるからです。具体的にはインチアップした場合は、タイヤの偏平率を下げる、つまりタイヤの幅を狭くする必要があります。多少の誤差があっても大丈夫ですが、許容範囲内にあるかどうかチェックしてから購入することが大切です。

タイヤの選び方(サイズの見方)

タイヤには断面幅、ホイール直径サイズ、そして偏平率が記載されています。
扁平率は、断面の高さを断面幅で割ったものに100をかけた数値です。
これらの選び方は、インチアップなどを考えていない限り、同じ断面幅と直径サイズ、偏平率を選ぶようにしましょう。
万が一間違った大きさを選んでしまうと、自動車に装着できなかったり径がかわり正しい速度や距離が出なかったりすることになります。
また、ホイールのインチアップを考えている場合は、ホイール直径サイズを変更することになります。海04
この時車輪の大きさが変わってしまわないように偏平率を変えることになります。
基本的にホイールをインチアップすると、断面幅は長くなり、偏平率は小さくなります。
また、あまりに大きなホイールを選択すると、使用している自動車に装着できない場合があるため、事前に対応できるかどうかをしっかりと調べておく必要があります。
インチアップによって厚さが薄くなるので、乗り心地が多少悪化することがあります。
しかしながら、断面幅が長くなるので、高速走行中は非常に安定した走りとなり、カーブなどでもキビキビと曲がるようになります。
スポーティーな走りを楽しみたい方にはインチアップをおすすめします。

カータイヤの種類と特徴

カータイヤの種類と特徴には様々な物があります。
基本的にはグリップ力を重要視したタイヤやコンフォートタイヤと呼ばれる乗り心地を重視したタイヤ、エコタイヤと呼ばれる転がり摩擦抵抗の少ないタイヤなどがあります。
グリップ力を重視したタイヤは、コーナーや直進の安定性が高く、高速でも安定して走行することが可能ですが、乗り心地が悪くなったり、タイヤノイズが大きくなる傾向があります。}PgžxQ
一方でコンフォートタイヤはタイヤの厚さがあり、柔らかめのタイヤとなっています。
そのため道路の凹凸をタイヤで吸収することができて、地面の凹凸による細かな振動をシートに伝えません。
また、ロードノイズを軽減させるためにタイヤ内部に吸音材などが入れられており、とても静かに快適に走らせることができます。
しかしながら、タイヤが柔らかいため、コーナーや高速での安定性に欠けます。
エコタイヤは、転がり摩擦抵抗を少なくしたタイヤで、自動車が惰性で走るときにより長くその距離を稼ぐことができます。
一般的なタイヤと比べて乗り心地に変化も無く標準的なタイヤと呼べます。
以上のようにタイヤには様々な種類がありますが、それぞれの自動車の用途に合わせて選ぶようにしましょう。

エンジンオイルの粘度と等級(グレード)

自動車のエンジンにはエンジンオイルが入っています。
これは潤滑油というようにエンジン内部のピストンやシリンダーの摩耗を防いだり、オイルが皮膜を作ることで圧縮させる役割があります。
またエンジン内部を潤滑することで高温になるエンジンを冷却するといった役割もあります。
エンジンオイルは徐々に劣化したり、汚れたりしてきます。また少しづつですが量も減ってくるので点検や交換といったメンテナンスが必要となります。
このエンジンオイルにはオイルの性能を表す記号があり、オイルの粘度や等級を表しています。
海02
エンジンオイルの記号は0W-20や5W-40といった記号があります。0Wといった記号は低温度による固まりにくさを表しています。
低温になるとどうしてもオイルは固くなります。固くなると始動性に影響がでてきます。数字が小さいほうが始動性がいいということになります。
後半の数字は高温時での耐久性を表しており、高出力エンジンなどは高温でも固さのあるエンジンオイルが必要なので、後半の数字が大きいものを選びます。
等級はガソリンエンジンはSで表され、つづいてAから順にNまでのアルファベットで表されます。
一般的な無添加鉱物油はSAで省燃費で耐久性など高規格がガソリンエンジンオイルはSNという等級となり車種に応じて選択します。

エンジンオイルの役割

エンジンオイルの役割はエンジンのの冷却、機密、潤滑、清浄などをしています。
シリンダー内に混合気が送り込まれるとその混合器をピストンで圧縮します。
圧縮した混合気に点火プラグがスパークすることで燃焼し、パワーに変換されます。
この時にオイルが潤滑していなければ、シリンダーとピストンは摩耗し、非常に高い熱をもちます。
この摩擦を無くし、シリンダー内でのピストンの動きを良くするのにエンジンオイルが必要となります。
海01
さらにシリンダーとピストンの隙間から混合気が漏れ出さないように気密の役目も果たしています。
エンジンが高性能なものとなってきた現代では、その車にあったグレードのオイルが良いとされ、メーカーが推奨する純正オイルを入れるのがエンジンを長持ちさせるものとなります。
シリンダー内は常に燃焼を起こしているため、走行距離が増すにつれオイルが汚れることが必然化し、これはエンジン内をきれいに保ち、オイル交換をすることでエンジンのコンディションをも保つこととなります。
一般的にはオイル交換が5000キロ、オイルフィルターが10000キロ毎に行うとエンジンの調子をうまく保てることとなると言われていますが、毎回フィルター交換をすることが理想とも言われています。

エンジンオイルとは

エンジンオイルとは、エンジンに使用するための油で、様々な機能の為に使用されますが、主となる潤滑作用を元に潤滑油とも呼びます。主な作用は、潤滑、冷却、清浄、防錆といった作用があり使用経過と共に黒く汚れていきます。汚れているということはそれだけエンジン内の汚れを取り込んでいるということです。沖縄02ただし一定期間ごとに交換する必要があります。交換目安は3ヶ月に一回か、3000キロに一回の交換が必要です。何故かと言うとエンジン内に入ったオイルは3ヶ月または3000キロぐらいでオイルの性能が落ちてしまうからです。自動車を大事に長く乗るのであれば定期的に交換をした方がいいです。交換を怠ると、潤滑する必要が有るため金属同士の摩耗やエンジンの焼きつきが生じます。そして、燃費も悪くなります。種類がありましてガソリン用とディーゼル用があります。違う点は、ディーゼルは酸を中和させるためのアルカリ分が多く入っています。この酸がエンジン内を腐食させる原因となるために、中和する必要があります。寒さに強いオイルと、暑さに強いおいるがあります。大事に自動車を乗られている方は季節に合わせたオイルを使用している方もおられます。