エンジンオイルの役割

エンジンオイルの役割はエンジンのの冷却、機密、潤滑、清浄などをしています。
シリンダー内に混合気が送り込まれるとその混合器をピストンで圧縮します。
圧縮した混合気に点火プラグがスパークすることで燃焼し、パワーに変換されます。
この時にオイルが潤滑していなければ、シリンダーとピストンは摩耗し、非常に高い熱をもちます。
この摩擦を無くし、シリンダー内でのピストンの動きを良くするのにエンジンオイルが必要となります。
海01
さらにシリンダーとピストンの隙間から混合気が漏れ出さないように気密の役目も果たしています。
エンジンが高性能なものとなってきた現代では、その車にあったグレードのオイルが良いとされ、メーカーが推奨する純正オイルを入れるのがエンジンを長持ちさせるものとなります。
シリンダー内は常に燃焼を起こしているため、走行距離が増すにつれオイルが汚れることが必然化し、これはエンジン内をきれいに保ち、オイル交換をすることでエンジンのコンディションをも保つこととなります。
一般的にはオイル交換が5000キロ、オイルフィルターが10000キロ毎に行うとエンジンの調子をうまく保てることとなると言われていますが、毎回フィルター交換をすることが理想とも言われています。

Comments are closed.