エンジンオイルとは

エンジンオイルとは、エンジンに使用するための油で、様々な機能の為に使用されますが、主となる潤滑作用を元に潤滑油とも呼びます。主な作用は、潤滑、冷却、清浄、防錆といった作用があり使用経過と共に黒く汚れていきます。汚れているということはそれだけエンジン内の汚れを取り込んでいるということです。沖縄02ただし一定期間ごとに交換する必要があります。交換目安は3ヶ月に一回か、3000キロに一回の交換が必要です。何故かと言うとエンジン内に入ったオイルは3ヶ月または3000キロぐらいでオイルの性能が落ちてしまうからです。自動車を大事に長く乗るのであれば定期的に交換をした方がいいです。交換を怠ると、潤滑する必要が有るため金属同士の摩耗やエンジンの焼きつきが生じます。そして、燃費も悪くなります。種類がありましてガソリン用とディーゼル用があります。違う点は、ディーゼルは酸を中和させるためのアルカリ分が多く入っています。この酸がエンジン内を腐食させる原因となるために、中和する必要があります。寒さに強いオイルと、暑さに強いおいるがあります。大事に自動車を乗られている方は季節に合わせたオイルを使用している方もおられます。

Comments are closed.